枝毛が悩み・・

枝毛があると思うように髪がセットできない!っていう事がありますよね。

艶があってしっとりサラサラの髪は女性の憧れです。

正しい髪のケアで枝毛を減らしてきれいな髪を取り戻しましょう。

枝毛って?

枝毛は髪が縦に裂けてしまっている状態です。キューティクルにダメージが加わって髪が傷んでしまうと枝毛ができやすい状態となってしまいます。

枝毛は髪が細い人や髪が柔らかい人が特にできやすいと言われています。

できてしまった枝毛を修復することは残念ながらできません。

そこで毎日の正しい髪のケアで枝毛ができにくい髪にしていくことが大切です。

枝毛の原因と対策

枝毛の原因を知ることで枝毛の予防に繋がります。

ブラッシング方法

枝毛の原因の1つにブラッシング方法があります。髪が濡れたままブラッシングしている人は要注意です。

また髪が絡まっている状態で強くブラシをあててしまうのもダメージが加わるのでやめましょう。

髪がぬれている時はキューティクルが開いているので髪に摩擦が加わらないように気をつけなければいけません。摩擦で枝毛ができやすくなってしまいます。

パーマやカラーリング

枝毛の原因の2つ目は、パーマやカラーリングです。パーマやカラーリングを繰り返している人はどうしても髪が傷みやすくなってしまいます。

キューティクルをはがしてしまう成分が薬剤に含まれているので何度も繰り返していると髪が傷みます。できるだけ回数を減らす、ダメージが少ない施術をしてくれるサロンを選ぶなどしましょう。

ドライヤーやヘアアイロン

枝毛の原因3つ目はドライヤーやヘアアイロンの使い過ぎです。

髪の自然乾燥は枝毛の原因になるので必ずドライヤーは使う必要がありますが、ドライヤーを長時間使用するのは髪を傷めてしまいます。熱風だけでなく冷風も組み合わせてスピーディーに乾かしてしまいましょう。

ヘアアイロンも寝ぐせを直したり可愛い髪型にするのに必須アイテムですが、高温で髪を乾燥させてしまい髪が傷むといわれています。できれば週に数回だけヘアアイロンをお休みする日を設けたほうが良いです。

髪のケアはサロンで

枝毛に悩まれている女性は、ぜひヘアサロンでも相談してみてください。

枝毛を上手にカットしてくれたり、トリートメントで傷んでいる髪を補修してくれるというお手入れが受けられます。髪のダメージが進まないようにしてくれます。

きれいな髪を育てよう

女性にとって髪はとても大切なものですね。

いつまでも美しい髪をキープできるように枝毛は丁寧にお手入れしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です