女子がエクステつけている時大切な髪のケアって?

今の時代ってすごく便利なんですよね。

髪の毛を切って全然似合わなくて「失敗した!」と思っても、エクステをつければ一気にロングヘアに戻すことができるんです。

髪の毛って女性のイメージを大きく左右するからこそ、上手にエクステを使いたいもの。

とはいえ、ただ便利なだけではなく、エクステは髪のケアを通常時以上にきちんとしなければ、髪の毛が絡まってしまい戻らなくなってしまったり将来的な薄毛の原因にもつながりかねません。

なぜなら、エクステは髪の毛に直接つけるものだから…どうしても髪の根元へ負担を与えてしまいがちなんです。女性の薄毛は最近深刻な問題となっていますからね。ではどのように髪のケアをすればよいのでしょうか?

注目したいポイントは頭皮

まず第一に大切なのが、絡んだままにしないという点です。髪の毛を洗う前、大き目のクシで絡みをきちんととっておきましょう。もちろん、地毛と同じくゴシゴシこするのはNG。傷みがひどくなると広がりやすくなってしまいます。

パサつきが気になる時は、エクステの毛先中心にコンディショナー→シャンプー→コンディショナーの順に使用するのがおすすめです。そうすることで髪のしっとり感が長持ちしやすくなります。

他に注目したいポイントは頭皮です。エクステがついているとどうしても頭皮が洗いにくいので、エクステと地毛の間に優しく指を入れ頭皮をしっかり洗うようにしましょう。すすぎもとても重要です。

石けん成分が残らないようにしっかりと。「これでいいかな」と感じる+αの時間流すことが大切です。これでもか、と流しきりましょう。

タオルドライ

洗い終えたらタオルドライです。この時もこすらないように。タオルで髪とエクステを包み込むようにしながらポンポンと水気を拭き取りましょう。もちろん髪の毛を濡れたままにしてはいけません。(濡れたまま寝るのは絶対NG!)

ドライヤーの風を上から下に向けるようにしながら、特に根元をしっかりと乾かしましょう。というのも、エクステと地毛の間の空間は蒸れやすく、濡れたままの状態で長く放置していると雑菌が繁殖しやすいんですよね。そうならないために…しっかりと乾かすことが大切です。絡まりやすい場合は大きめのクシを使ってとかしながらドライしましょう。

美容師さんに相談

もしも頭皮にかゆみが出たり赤みが出てしまった時は美容師さんに相談しましょう。実際に荒れてしまった時はエクステを一旦はずし、頭皮の状態を元へ戻してからまたつける、ほうがうまくいきます。

炎症をそのまま見ないフリをするのは絶対にやめましょう。将来の髪のためにも…いたわってあげることが大切です。

女性にとって髪は命!髪のケアをしっかり行うことで楽しいエクステライフを。

エクステをつけていない時以上に髪や頭皮にやさしくすること、これが大切です。

女性のエイジングケア~美しい髪をキープする髪のケア方法は?~

いつまでも美しい女性でいたい

いつまでも若々しく美しい女性でありたいとエイジングケアを頑張っている皆さんは、どのようなケアを行っていますか?

エイジングケアといえば思いつくのがスキンケアです。

美容液を使ってシミやシワ、たるみなどをケアしていると思います。

でも顔のケアだけでなく髪のケアも気にかけてください。

髪が美しい女性は若々しく見えます。

おすすめの髪のケア方法をご紹介します。

女性の髪のエイジングケア

髪のケア方法でおすすめなのが頭皮マッサージです。

頭皮マッサージを行うと顔のエイジングケアもできます。

その理由は顔と頭皮の皮膚は1枚で繋がっているからです。

頭皮の皮膚がたるんでしまうと顔もたるみます。

頭皮を引き締めて引き上げていくと顔のたるみも予防できます。

頭皮マッサージは美しい髪を育てるためにも役立ちます。

毎日取り入れてエイジングケアしましょう。

頭皮マッサージはどうやって行うの?

頭皮マッサージはどのように行えば良いのでしょうか。

まずヘアケアオイルやヘアクリームなどを用意します。

頭皮マッサージ用に販売されているものや髪のケアのために作られているものを選ぶのがおすすめです。
これを乾いた頭皮につけてマッサージしていきます。

マッサージの方法は色々なやり方があります。動画サイトで紹介されていたりしますので参考にしてみましょう。

共通して言えるのは強く力を入れすぎないことです。

それからオイルやクリームを使って摩擦を減らして行う事です。

頭皮をマッサージする際に、髪を触りすぎてしまうことがありますが、頭皮をマッサージしますので髪はあまり触りません。

髪を引っ張ってしまうと抜けてしまうので注意して行ってください。

マッサージ以外の髪のケア

マッサージ以外の髪のエイジングケアとしておすすめなのがシャンプー選びです。エイジングケアできるシャンプーやトリートメントが販売されていますので、成分をしっかり確認して購入しましょう。

髪のために洗浄成分や保湿成分に特に注目して選んでみてください。

洗浄成分だとアミノ酸系の洗浄成分がおすすめです。保湿成分はたっぷり配合されているものが良いです。頭皮を乾燥させてしまうとトラブルの原因となりますので、保湿成分でしっかり頭皮を守れるようにしてください。

紫外線対策も行うことでよりしっかり髪のエイジングケアができます。帽子や日傘、髪用のUVスプレーなどを使用して紫外線から髪を守りましょう。

最後に

以上、髪のエイジングケア方法をご紹介しました。

美しい髪を維持するためにぜひ実践してくださいね♪

女性の髪のケアには栄養やヘアケアも大事

私が髪の栄養を気にし始めたキッカケ

髪のケアに気づかい出したのは、家族に分け目が目立ってきたと指摘されたからでした。

それまでとくに、髪の薄毛について考えたこともありませんでした。

自分が、薄毛対策するきっかけになったのは、分け目の地肌が目立ってきたからです。

ずっとセンター分けでした。

 

髪型はすごく気にしていたし、だいたい2ヶ月に一度は美容室へいったり、パーマやカラーなどもしていました。しかし、髪のケアや髪の栄養などまでは頭になかったように思います。

女性にとって薄毛がこんなにツライものだとは、自分自身が悩むようになるまで知りませんでした。

 

それからは、髪の栄養を考えたり、地肌にとってなにがいけないのかなども考えるようになりました。

あまりカラーや、パーマなどもしなくなりました。

髪の毛も傷めるし、地肌にもよくないと聞いたからです。

それと、毛穴に汚れなとがたまっていると、抜け毛の原因になるとのことだったので、シャンプーを変えたり、炭酸スプレーをして地肌のマッサージもするようになりました。

 

どちらかと言えば、男の人が薄毛などに悩んだりしているイメージがありました。

しかし、女の人も薄毛に悩んだりしている人が多いとネットなどで調べるうちに知りました。

薄毛対策で、大事なことのひとつに食事や、生活習慣も大事だとあったので、気を付けるようになりました。

食事も好きなものを食べたくて、あまりバランスなど考えていませんでした。

なので、脂っこいものばかり食べないように気を付けたり、野菜なども採るようになりました。

 

それと、一番思い当たることにストレスや疲労、寝不足がありました。

夜更かしは、昔からしていましたし、ストレスも常にありました。

なので、ストレス発散出来るものを探したり、なるべく夜更かししないように早く寝ることも心がけました。

自分自身で、改善出来るものはやるようにし、薄毛対策を考えた生活をするように少しずつでもしていきました。

 

女の人にとってやはり髪は命と言うのは本当に強く感じました。

自分が薄毛と直面するまで髪のケアを怠っていたこともつくづくかんじました。

髪の栄養についても考えるようになりました。

もっと前からきちんと髪のケアに気づかいしていれば、こんなに悩むこともありませんでした。

まとめ

私も抜け毛が増えたぐらいから、薄毛について指摘されたように思います。

みんながみんなではないと思いますが、髪型だけではなくて、髪の質や、地肌にも気を配るようにすることも大事だと思います。

枝毛でお悩みの女性へ~正しい髪のケアの仕方は?~

枝毛が悩み・・

枝毛があると思うように髪がセットできない!っていう事がありますよね。

艶があってしっとりサラサラの髪は女性の憧れです。

正しい髪のケアで枝毛を減らしてきれいな髪を取り戻しましょう。

枝毛って?

枝毛は髪が縦に裂けてしまっている状態です。キューティクルにダメージが加わって髪が傷んでしまうと枝毛ができやすい状態となってしまいます。

枝毛は髪が細い人や髪が柔らかい人が特にできやすいと言われています。

できてしまった枝毛を修復することは残念ながらできません。

そこで毎日の正しい髪のケアで枝毛ができにくい髪にしていくことが大切です。

枝毛の原因と対策

枝毛の原因を知ることで枝毛の予防に繋がります。

ブラッシング方法

枝毛の原因の1つにブラッシング方法があります。髪が濡れたままブラッシングしている人は要注意です。

また髪が絡まっている状態で強くブラシをあててしまうのもダメージが加わるのでやめましょう。

髪がぬれている時はキューティクルが開いているので髪に摩擦が加わらないように気をつけなければいけません。摩擦で枝毛ができやすくなってしまいます。

パーマやカラーリング

枝毛の原因の2つ目は、パーマやカラーリングです。パーマやカラーリングを繰り返している人はどうしても髪が傷みやすくなってしまいます。

キューティクルをはがしてしまう成分が薬剤に含まれているので何度も繰り返していると髪が傷みます。できるだけ回数を減らす、ダメージが少ない施術をしてくれるサロンを選ぶなどしましょう。

ドライヤーやヘアアイロン

枝毛の原因3つ目はドライヤーやヘアアイロンの使い過ぎです。

髪の自然乾燥は枝毛の原因になるので必ずドライヤーは使う必要がありますが、ドライヤーを長時間使用するのは髪を傷めてしまいます。熱風だけでなく冷風も組み合わせてスピーディーに乾かしてしまいましょう。

ヘアアイロンも寝ぐせを直したり可愛い髪型にするのに必須アイテムですが、高温で髪を乾燥させてしまい髪が傷むといわれています。できれば週に数回だけヘアアイロンをお休みする日を設けたほうが良いです。

髪のケアはサロンで

枝毛に悩まれている女性は、ぜひヘアサロンでも相談してみてください。

枝毛を上手にカットしてくれたり、トリートメントで傷んでいる髪を補修してくれるというお手入れが受けられます。髪のダメージが進まないようにしてくれます。

きれいな髪を育てよう

女性にとって髪はとても大切なものですね。

いつまでも美しい髪をキープできるように枝毛は丁寧にお手入れしましょう。

女性のおしゃれに欠かせないヘアアイロンと髪のケア

ヘアアイロンで髪が傷む?

女性の皆さんは髪のケアでヘアアイロンを使われることが多いですね。

ヘアスタイルをよりおしゃれにするためにヘアアイロンは欠かせません。

しかしヘアアイロンは髪を傷めてしまう可能性があるのです。

おしゃれをしたくて毎日使いたくなってしまうのですが、正しい使い方をして髪のダメージを防ぎましょう。

ヘアアイロンの注意点って?

ヘアアイロンは高温で髪をきれいにセットしていきます。この温度が髪を傷める原因になってしまいます。髪の毛のタンパク質が高温で壊されてしまってダメージを受けます。一度壊されてしまったものは元に戻すことができません。

毎日ヘアアイロンを使っていたら髪がどうなるのか想像できますよね。

そこでヘアアイロンを使った髪のケアとして高温にし過ぎないという事がポイントになります。

 

女性の皆さんはヘアアイロンで髪をセットするとき、何度で使用しているでしょうか。

最近は220度など高温に設定できてあっという間におしゃれヘアが完成するヘアアイロンが増えています。忙しい朝、短時間で髪をセットできるのは助かります。

しかしこの温度は危険です。髪に優しい温度は130度くらいになります。

この温度を超えてしまうと髪が傷みやすくなります。

 

でも130度だとセットに時間がかかる・・そんな声も聞こえてきそうです。

どうしても高温でセットしたいのであれば時間をかけないでセットしましょう。

それでも180度を超えて使用するのはおすすめできないので避けてください。

同じ部分を何度もあてるということもやめましょう。

ヘアアイロンを使う前にしておきたい髪のケア

ヘアアイロンを使う前に髪のケアをしておくことで、ヘアアイロンのダメージから髪を守ることができます。ヘアアイロンの前に使用する専用トリートメントを使うことです。そうすることで、髪が乾燥してしまうのを防いでくれて髪のタンパク質も壊れにくくしてくれます。

ヘアアイロン用、髪のセット用に販売されているものを探してください。

ヘアサロンでおすすめのトリートメントを聞いてみるのも良いですね。

トリートメントを使うことで髪のセットもしやすくなります。さらにキープ力もアップするのでヘアアイロンを使う時間の短縮、使う回数を減らすことにも繋がります。

おしゃれも楽しんできれいな髪もキープ

おしゃれを楽しめるヘアアイロンは女性の必須アイテムです。

きれいな髪を維持しながらおしゃれを楽しむために正しい使い方で髪のダメージを減らしましょう。

女のつむじの髪のケアは大事!ちょっと怠るとまちまち薄毛になる

女性は、髪の毛のついてとても敏感ですね。それはちょっとした髪の毛の傷みなどでも気になるのです。そんな時、薄毛を発見したらどんなになる事でしょうか。

ところが薄毛というのは、30代の髪の毛のケアから既に関係しているんですね。

ここでは、特に気になるつむじの髪のケアについてお話します。

女の髪のケアは早期からはじめよう

女の髪のケアについて、そんなにしなくても大丈夫と思うことがありますね。ところが、それは違うのです。ちょっと怠るとたちまち薄毛になってしまうことがあるんです。特に注意が必要なのは、なんといってもつむじです。

つむじは、薄毛に一番なりやすいという部位なんですね。そのことから今からしっかりケアをすることが大切です。

栄養をしっかり取る

栄養面は、特に髪の毛にとって大事です。不足してしまうと髪の毛がまず反応してしまうのです。薄くなったと思ったら、ダイエットをしている時だったなど、少しの栄養不足でも薄毛になってしまうことがあるんですね。

ダイエットをしている時は、要注意です。栄養が偏らないように気をつけてダイエットをするようにしたいですね。

マッサージをする

シャンプーをする時に、手が届きやすい部位についてはきちんと洗うことができています。ところが、届きにく部位についてはその部位の血流が悪くなってしまうんですね。毛根が塞がれ、その部位の血流が悪くなります。その結果、胸げが増えてしまうことになります。

そんなことにならないように、しっかりつむじの部分の汚れを落とすことが大事です。また、その部分をマッサージしましょう。シャンプーのときもそうですが、それ以外のときも軽くマッサージをすることにより血流をよくすることができます。

ストレスをためない

ストレスというのは、生活をしているとどうしてもあるのです。良いストレスの場合は、そのままでいいのですが悪いストレスの場合は髪の毛が反応してしまいます。

ひどい場合は、その部位が円形脱毛症になってしまうこともあります。つむじの部位も例外ではありません。

そこで悪いストレスでがっかりした時などは、出来たらその日のうちに悪いストレスを解消することをおすすめします。そのことにより、髪の毛も元気になります。

まとめ

いかがでしたか?髪の毛は、栄養不足やストレスなどに直ぐに反応してしまいます。

その結果、薄毛になってしまうのです。

そのことは、30代から始まるので注意をしたいですね。

きしむのが気になる女性の髪のケア方法は?

女性も年齢と共に髪のコンディションが気になるようになりますよね。

20代の頃はつやつや、サラサラだったはずなのに、年々髪がまとまらない、きしむのが気になるようになってきます。

どうして髪がきしむようになるの?

年齢に応じて変化していき、女性の髪がまとまらずにゴワゴワぱさぱさになってしまうのには理由があるんです。女性によくあるのがパーマやカラーリング、紫外線、香料のたっぷり入った刺激の強いシャンプです。

このようなものが髪のキューティクルを壊している可能性があるんです。日頃から少しずつダメージを与え続けている結果、どんどん髪がまとまらなくなってしまうのです。このまま気にせずに過ごしていると、薄毛になる可能性も出てきます!

パーマやカラーリングの回数を減らす、出かける時は帽子をかぶったりスプレータイプのUVケア用品をかけるなどで予防することは出来ます。シャンプーは最近は、低刺激で優しい洗浄成分のものが増えてきています。髪のためには少し上質なものを使ってみるのも良いですね♪

女性の髪のケアには何がいいの?

女性の薄毛は男性とは少しタイプが異なり、頭皮の乾燥も大きな原因です。

頭皮へダメージが加わるケアをすることで乾燥すると抜け毛も増えやすくなりますし、髪もきしむ原因となります。痒みやフケ、ボリュームダウンなど色んなトラブルが起こる原因でもあるんです。

すでに髪のケアを意識してシャンプーはアミノ酸系など優しい成分を使っている人も多いでしょう。それでも一度傷んだ髪はそう簡単に元に戻ることはありません。そんな時におすすめなのが洗い流さないタイプのトリートメントです。

タオルドライしたあとに毛先を中心に髪になじませて、それからドライヤーで髪を乾かします。クリームタイプやオイルタイプなど色んなタイプがありますので、好みで使い分けてみてくださいね♪

しくても丁寧な髪のケアをしよう

30代の女性というのは、仕事に育児に忙しい女性がたくさんいますね。忙しいとつい手を抜きがちで、お風呂上りに濡れた髪をタオルで巻いたまま過ごすようなことはないでしょうか。

きちんと乾かさないと、頭皮の水分が蒸発する時に頭皮の中の水分まで奪ってしまうんです。いくら良いシャンプーを使っていても、丁寧なケアを日頃からしていないと、きしむどころか薄毛の原因になってしまいます。

まとめ

女性でも髪のケアを怠けていれば薄毛の原因とつながってしまいます。髪のきしみというのは、その予兆のようなものですね。気付いた時から少し丁寧なケアをすることを心がけてみてくださいね♪

また私もそうでしたが、髪のケアに気を取られているとなんと!ヒゲ!

うっすらと口周りやあごなどに産毛っていうかヒゲっぽく生えていたので、このあたりにもぜひ気をつけてください。いつの間にか生えているのでめっちゃ怖いですよ!

私も慌ててヒゲを何とかしないと!ということでネットを調べたら、コチラのサイトが参考になったのでぜひヒゲで悩んだ女性は対策のために頼ってみてはいかがでしょうか。

女性のヒゲに焦点を当てて対策をしっかりと勉強できるサイト

きれいな髪を維持したい女性は角栓を取る髪のケアをしよう

女性の髪のケアは角栓を取ることが大切

小鼻の角栓が気になっていてケアしているという女性は多いと思います。

小鼻の角栓と同じように頭皮の角栓ケアもしっかり行っていますか?

頭皮の角栓はとても詰まりやすいと言われています。

女性の皆さんは美しい髪を維持したいと思いますので髪のケアに角栓ケアも取り入れてみてください。

角栓ケアってどうやるの?

頭皮は皮脂腺と毛穴がとても多い部分です。そのため皮脂や汚れが詰まりやすいと言われています。

詰まってしまった汚れを放置してしまうと、抜け毛の原因やフケの原因、かゆみの原因など様々な頭皮トラブルの原因となってしまい、美しい髪が育ちにくくなってしまいます。正しい髪のケアで角栓の詰まりを解消させましょう。

スカルプケア

角栓のケアはスカルプケアがおすすめです。

頭皮に詰まってしまった汚れを油で浮かび上がらせて洗い流します。

使用するオイルは植物オイルがおすすめです。

質の良い植物オイルを手に取りだしてと頭皮になじませてマッサージします。

そうすると汚れが浮かび上がります。あとはシャンプーでしっかりと洗い流します。

 

植物オイルは頭皮を保湿する効果も期待できます。

精油を配合しているオイルだとより頭皮トラブルを予防するのに役立ってくれます。

オイルでマッサージする際には乾いた髪にオイルをつけて行いましょう。

そして髪につけるのではなく頭皮にしっかりとなじませてください。

 

指の腹で丁寧に頭皮全体にオイルをなじませていくことで汚れが取れていきます。

オイルをなじませた後は、ぬるま湯で洗い流します。それからシャンプーを行います。

毎日のシャンプー方法を見直して角栓ケア

オイルを使用したケアは週に1回程行うものなので、後は毎日の髪のケアで角栓が詰まらないようにしなければいけません。正しくシャンプーを行うだけで角栓が詰まりにくくなりますので正しいシャンプー方法を知っておきましょう。

まず髪を洗う前にくしでとかします。

髪についている汚れはブラッシングで落とせます。

頭皮にブラシがあたるようにしてしっかりとかしたら、髪をぬるま湯で洗い流します。

ここでしっかり洗い流すとシャンプー前に汚れがほとんど落とせます。

 

あとはシャンプーをしっかりと泡立てて髪を洗っていきます。泡立てないでシャンプーを使う人がいますが、しっかり泡立ててから使いましょう。

ごしごしこするのではなく、頭皮をマッサージするようにシャンプーします。すすぎ残しがあると角栓に詰まりますのでしっかり洗い流しましょう。

他にも汗をかいたときはこまめにふきとるなど皮脂が詰まらないようにしてみてください。

女性の髪のケアは毛穴へのアプローチで決まる!

女性であっても30代になると、薄毛や抜け毛が気になる人が多くなるかもしれません。

20代までは髪の悩みは皆無だったのに、歳をとるほど髪のボリュームのなさが気になりだします。

では本当に髪が薄くなっていくのはどうしようもないのでしょうか?そんなことはありません!女性は適切な髪のケアをすることで、髪の衰えを抑えることができるのです。

その髪のケアの1つが、頭皮の毛穴です。

ここでは、頭皮の毛穴と薄毛の原因、髪のケアの方法をしっかりお伝えします。

頭皮の毛穴と薄毛の原因

頭皮は顔の皮膚と較べて皮脂腺と汗腺が多く、皮脂や汗の分泌量が顔に較べ約3倍多いといわれています。さらには髪の毛でおおわれているので蒸れやすく、毛穴が詰まりやすいのです。皮脂だけでなくホコリまで詰まりの原因となります。

頭皮の毛穴が詰まると、頭皮にニキビや炎症ができます。そこから生える毛が細くなったり抜けたりして、ボリュームダウンや薄毛につながってしまいます。

実はそれが、さらに深刻な美容トラブルを招きます。頭皮の毛穴が詰まると頭皮が硬くなり、弾力を失ってたるみやすくなります。それにより、顔の肌までたるみ、老け顔になってしまうおそれがあるのです。したがって頭皮の対策は女性のアンチエイジングにとってとても大切なのです。

ケア

それではどのようなケアをしていけばいいのでしょうか?

シャンプー

やはりシャンプーによる洗髪の習慣の見直しが大きなカギとなります。

まずはシャンプー前に頭皮の毛穴を開く習慣を取り入れましょう。例えば頭にホットタオルを巻き付けたり、湯船に使って頭部を温めます。

シャンプーの選び過多としては、皮脂をしっかり落とすものか、シャンプーとは別に頭皮用クレンジングを使用するのもよいでしょう。

洗い方

次に洗い方です。指の腹を使って、優しく頭皮を洗いましょう。あくまでも優しくがポイントです。爪を立ててしっかり洗うと頭皮を傷つけるだけであって、逆効果です。そして髪ではなく頭皮をしっかりと洗ってください。

そしてお湯の温度も大事です。頭皮の毛穴をしっかり開くために高温のお湯で洗えばいいように思われがちですが、熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまったり髪を痛めることにつながりかねません。

すすぎ

そしてすすぎも大事なポイントです。すすぎ残しも毛穴を詰まらせるため、シャンプー後のすすぎもしっかりと行いましょう!特に耳の後ろから後頭部にかけては入念にすすぎます。

まとめ

その他のポイントとしては定期的に頭皮マッサージを行ったり、ビタミンB2などの皮脂の分泌を抑えることができる栄養素を摂ることによってもケアすることができます。あまり薄毛を深刻に考えず、できることをしっかりやっていきましょう。